足がむずむずして眠れない

スポンサードリンク

足がむずむずして眠れなくなるのはなぜ?

足がムズムズして眠れなくなるような症状がある場合、むずむず脚症候群(レストレスレッグス症候群)が考えられます。

 

むずむず脚症候群とは、太もも、ふくらはぎ、足の裏といった足全体がムズムズしたりぞわぞわする不快な症状のことで、このムズムズ感が原因で眠れなくなる人が増えています。

 

むずむず脚症候群という名前から軽く考えられてしまうこともあるのですが、重大な病気が隠れていることもあるので注意しましょう。

 

むずむず脚症候群の症状

  • 足に虫が這っているような感じがする(蟻走感)
  • くすぐったい感じで落ち着かない
  • じっとしていると足を動かしたくなる
  • チクチクした痛みを伴うこともある

 

よくある症状はこのようなものが多いです。イメージとして一番多いのが、足を蟻が這っているような感覚です。ぞわぞわっとして寒気が起きる感じで、非常に不快です。また、上記のようなムズムズ感に痛みを伴う場合もあります。

 

むずむず脚症候群の特徴は、動きまわると症状が収まったり弱くなることです。逆に、足を動かさずじっとしているとムズムズ感が強まるので、常に足を動かしたい衝動に駆られます。

 

原因

むずむず脚症候群は、原因がはっきりしない一次性と、病気や薬が原因となって起こっている二次性があります。

 

一次性むずむず脚症候群

一次性は未だに原因がはっきりと分かっていないのですが、運動機能に関わっているドーパミンという物質が原因なのではないかと言われています。

 

ドーパミンには脳を覚醒させ、集中力を高めたり幸福感をもたらしてくれる働きがあるのですが、運動機能にも関わっています。そのドーパミンの機能が低下することで足にムズムズ感が現れている可能性が高いそうです。

 

ドーパミンは鉄分不足により分泌量が低下するため、日頃の鉄分不足も原因の一つとなっています。

 

二次性むずむず脚症候群

二次性は病気や薬が原因で起こるむずむず感を指します。糖尿病パーキンソン病鉄欠乏性貧血妊娠などが主な原因です。

 

糖尿病になると、足だけでなく全身にもムズムズした症状が現れることもあります。糖尿病性神経障害といい、他にも手足のしびれや感覚麻痺などが挙げられます。

 

また、糖尿病性腎症などが原因で腎不全になり、人工透析を受けている場合も同様に足のむずむず感が現れることがあります。

 

鉄欠乏性貧血や妊娠は、主に鉄分不足が原因です。月経過多などで鉄分が不足すると、ドーパミンの分泌量が低下し、足のむずむず感に繋がります。

 

治療法

自分でできる対処法

  • 鉄分の補給
  • 生活習慣の改善
  • 睡眠に影響をあたえるものを避ける
  • マッサージやストレッチ

 

まずは鉄分の補給です。鉄分不足で症状が起こっている場合、毎日の鉄分摂取と栄養バランスのとれた食事だけで改善します。サプリメントよりも食品から摂取しましょう。

 

鉄分が多いのはやはりレバーですが、苦手ならあさりや納豆でも構いません。毎日継続して食べるようにしましょう。

 

生活習慣を改善することも症状の改善に繋がります。適度な運動やマッサージ、ストレッチをするとストレス解消になり、血行を良くして安眠効果があります。お風呂に浸かって副交感神経を刺激したり、冷たいシャワーで交感神経を刺激するのも効果があります。

 

安眠のために、寝る数時間前の喫煙やカフェインの摂取は避けましょう。ストレスも睡眠を浅くする原因になるので、ストレス解消やリラックスも忘れずに。

 

症状が改善しない場合

数日経っても症状が改善しない場合や、定期的に足のむずむず感で眠れなくなる場合、病院で検査を受けるようにしてください。睡眠不足を放っておくとストレスが溜まり、自律神経失調症うつ病になる可能性もあります。

 

自律神経失調症になると、足のムズムズ感が全身に広がりますし、うつ病は入院が必要になることもありますので、酷くなる前に病院で調べてもらいましょう。受診するのは精神科や神経内科になります。

 

検査内容

血液検査筋肉の動きを調べる検査を行います。

 

筋肉の動きを調べる検査は終夜睡眠ポリグラフ検査といい、眠っている最中の脳波を調べ、無意識のうちに足が動いていないかどうかをチェックします。他にも、眼球の動きや眠りの深さを調べます。

 

治療は主に生活習慣の見直しになります。鉄分を摂取し、適度な運動で改善を目指します。もし改善しない場合は薬物治療になります。症状を和らげる薬を服用し、症状を改善させていきます。

 

ただし、症状が治まったからといって薬の服用を止めると再発するおそれがあるため、長期的に服用します。急に薬をストップすると症状が悪化することもあるため、医師の支持に必ず従いましょう。

スポンサードリンク