足の冷えで眠れない

スポンサードリンク

足の冷えで眠れなくなる原因

足が氷のように冷たくなって眠れなくなるのは血液循環の悪化が原因です。不健康な生活や、足に疲れが溜まっていると血行が悪くなり、冷えに繋がります。

 

なぜ血流が悪くなると冷えるのかというと、心臓から流れてくる温かい血液が指先に届く前に冷めてしまうからです。血液がサラサラだとスムーズに全身に血液が行き渡るため、冷え性にはなりません。ですが、血液がドロドロだと指先に流れてくる前に冷たくなってしまい、冷えに繋がります。

 

また、睡眠時には脳を眠りに適した状態にするため、体内の熱を放出します。この時に血流が悪くなっていると体温調節がうまくいかず、脳がリラックスできずに興奮状態になってしまい、なかなか寝付けなくなってしまいます。

 

冷えの解消法

すぐに冷えを解消し快眠できるようにする

  • 湯たんぽ
  • ルームソックス(レッグウォーマー)
  • マッサージ
  • お腹を温める

 

冷えを解消するには、やはり温めるのが一番です。眠る前に温めるのはもちろん、布団の中でも温めるようにしましょう。

 

布団の中に湯たんぽを入れるだけで体全体が温まるので、冷え性には効果的です。後ほど説明しますが、エアコンやヒーター類よりも湯たんぽの方が快眠効果があります。

 

湯たんぽの選び方についてですが、布団に入れるので、プラスチックや鉄製のゴツゴツしたものよりも、柔らかいタイプの方が邪魔にならないのでおすすめです。電子レンジでチンするだけで簡単に温められる湯たんぽも売られているので、冷え性に悩まされている人は手軽に使えるものを選び、毎日かかさず使うようにしましょう。

 

湯たんぽと合わせて使いたいのがルームソックスです。冷えやすい足を集中して温めることができ、途中で暑くなったら自然と脱げるので睡眠時におすすめです。レッグウォーマーでも構いません。緩めに足を覆えるものなら大丈夫です。

 

寝る前にマッサージをしておくと血行が良くなり、リラックスできるようになります。お風呂あがりに毎日ストレッチをする癖をつけるといいと思います。特に立ち仕事やデスクワークで足を動かさない人は足に血が溜まりやすいので、太ももを伸ばすストレッチで血行を良くしましょう。

 

足が冷えるのはお腹の冷えから来ることもあります。指先よりもお腹のほうが優先度が高いので、お腹が冷えると血液が腹部に集中し、末端が冷えやすくなります。指先を温めても改善しない場合、お腹もしっかり温めるようにしましょう。

 

やってはいけない温め方

  • 電気毛布やエアコンなどの暖房をつけっぱなしにして寝る
  • 普通の靴下を履いたまま寝る

 

エアコンや電気毛布などをつけっぱなしにして寝ると、逆に暑すぎて睡眠を阻害してしまいます。脳がリラックスするために放熱しているのに、外部から暖めすぎるとかえって逆効果です。

 

また、暑くて汗をかくと布団やパジャマに汗が吸い取られ、冷えの原因になります。その点湯たんぽは徐々に温度が下がっていくので、睡眠時に適しているんですね。

 

普通の靴下も良くないです。締め付けが強いので自然に脱げず、汗を吸収して冷えの原因になりますし、締め付けが強いので眠りを阻害します。寝るときはモコモコした緩めのルームソックスを使うようにしましょう。

 

足の冷えは放っておくと危険

たかが冷えと思うかもしれませんが、足の冷えは放っておくと様々な病気の原因になるので注意しましょう。

 

自律神経失調症アトピーなどのアレルギー疾患動脈硬化など、冷えが原因で起こる病気はたくさんあります。季節的なものであればしっかりと対策すれば問題ありませんが、夏の暑い時期に足だけ冷えている場合は注意しましょう。

 

慢性的な冷えは免疫力を低下させるので、普段から体を冷やさないように心がけてください。

スポンサードリンク