足が熱くて眠れない理由と対処法

スポンサードリンク

足が熱くて眠れない原因

足が熱くなって眠れなくなる原因はいくつか考えられます。自律神経失調症足の酷使ホルモンバランスの乱れなどが原因で血流が悪くなり、体内の熱が放出できずに篭ってしまうのです。

 

また、症状が出やすいのは寝る前や布団に入ってからが多いのですが、これは眠る前に体温が上がるためです。人間は眠る前に体内の熱を放出し、脳と体をリラックスさせ、眠るための環境を作ります。

 

その環境づくりの際に熱が指先や足の裏に集まるのですが、血流が悪くなると熱が放出できずに溜まってしまい、眠れないほどの熱さを感じるようになります。

 

足の熱い部分を手で触ってみると、表面は全然熱くないのではないでしょうか?このような冷え性を隠れ冷え性戻り冷え性といい、血液の流れが悪くなっている証拠です。足自体は熱く感じているのに、触ってみるとものすごく冷たいこともあります。

 

足を冷やせば解決する?

「だったら、足を冷やせば熱が放出できるんじゃないの?」と思うかもしれませんが、実は冷やすのは絶対にダメな対処法です。冷えピタを足の裏に貼ったり、冷たい壁に足を押し付けたり、氷で冷やすのは余計に症状を悪化させてしまいます。

 

冷やすと症状は一時的に緩和されるのですが、脳が冷え性を起こしていると勘違いしてしまい、余計に熱を集めようとするため、少し経つとさらに熱を帯びてしまいます。

 

足が火照っている時に行うべき正しい対処法

足が熱を帯びてしまうのは、血行不良と体温調節機能の乱れが原因なので、血流を良くし、自律神経のバランスを正常に戻してあげることで熱が放出できるようになります。

 

血流を良くする

今すぐ快適に眠りにつきたい人は、まずは血行改善しましょう。足が熱いのでつい冷やしてしまいがちですが、温めるのが正しい処置の方法です。指先は血液が溜まりやすく、冷え性になりやすいので、カイロや毛布で包んで温めましょう。

 

温めてあげることで溜まった血液の流れが良くなり、体内にたまった熱が放出できるようになります。戻り冷え性は血液が心臓に戻れずうっ血してしまうのが原因なので、血行を良くするだけで症状が改善します。

 

温めても症状が緩和しない場合、さらに徹底して温めましょう。毛布で包むだけでは足りない時は靴下を何枚も重ねてはいたり、湯たんぽを使ったりして、とにかく徹底的に足を暖めていきます。

 

足の裏のツボを押して血行を良くするのも効果的です。足を温めながらマッサージして、とにかく冷えを取り除きましょう。

 

自律神経のバランス

自律神経のバランスが乱れると、発汗や体温調節を行う機能が低下し、体温を正しく保てなくなります。女性ホルモンの乱れや自律神経失調症が原因です。

 

体温が上手く調節できないと血液の流れが悪くなったり、体が冷えて冷え性になったり、寒くないのに体温を上げようとして体が火照ってしまうなどの症状が現れます。

 

自律神経はストレスや生活習慣の乱れによってバランスか崩れていきますが、自律神経失調症や更年期になると理由もなく症状が出てくるので、症状が良くならない場合には病院で検査を受け、薬の服用が必要になります。

 

立ち仕事のし過ぎやデスクワークが多くなると同様に足が熱くなる症状が現れますが、これも足の使いすぎが原因でストレスがたまり、自律神経の乱れや発熱が起こり足の熱さに繋がります。

 

一日中同じ体勢をとっていると下半身に血がたまり、血液がドロドロになってしまうので、1時間に1回は軽く歩きまわったり、屈伸運動で血の巡りを良くしてあげましょう。

スポンサードリンク